FC2ブログ

藤子・F・不二雄ミュージアムの窓枠の秘密

ドラえもんの誕生日、9月3日にオープンした「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」の話題です。

藤子先生の貴重な原画130点を展示してあったり、土管のある原っぱやどこでもドア、「のび太の恐竜」ピー助などが再現されています。

そして子供たちが見やすいよう、作品はどれも低めに展示されており、高さは129.3センチになっています。

これはドラえもんの身長と同じなんだそうですよ。

実はこの身長、ドラえもん連載中の1970年代半ばの小学4年生の平均身長なんだとか。

さらにこのミュージアム、窓ガラスにも秘密がありまして、窓のサイズがバラバラなんですね。

では問題です。

窓のサイズをバラバラにしているのはなぜでしょうか。

正解は、ドラえもん第1話のコマ割りを表現している、でした。

これは考えましたね。

黄土倶楽部 通販マイウェーブ 激安

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示